×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

500円玉のの重さや素材成分

1982年4月発行の旧硬貨が銅75%、ニッケル25%の白銅製。
2000年にデザインと共に変更。新硬貨では銅72%、亜鉛20%、ニッケル8%のニッケル黄銅製。 新素材になることにより電気伝導率などが変わるため、機械での偽造硬貨の検出が 容易になった。
ちなみに、
500円玉の重さは、旧500円が7.2g・新500円が7gということで、平均をとって7.1g



>>500円玉とははこちら。
>>500円玉の素材成分はこちら。
>>500円玉の図柄はこちら。
>>希少な500円玉はこちら。
>>500円札の価値と買取り価格はこちら。
>>500円玉貯金はこちら。
>>500円玉の両替はこちら。
>>希少価値の500円玉を探す方法はこちら。
>>スカイツリー貯金箱はこちら。
>>10万円硬貨はこちら。

トピック

スポンサードリンク

Copyright © 2009 500円玉ドットコム All rights reserved.
- テンプレートマジック -